最近疲れていませんか?ビタミンB群を補給するなら豚肉と卵がおすすめ!

不足すると疲れが溜まりやすくなるビタミンB群。

 

なぜ疲れやすくなるのかというと、

身体のエネルギーを作りだすための「クエン酸サイクル(クエン酸回路)」という、

システムが上手く働かなくなるためです。

 

システムが働かなくなり、

身体のエネルギーが不足すると、

疲れを感じやすくなるのです。

 

クエン酸サイクルがスムーズに働くためには、

クエン酸とビタミンB群、ミネラルが必要になります。

 

 

今回はビタミンB群に焦点を当てて、

ビタミンB群が多く摂れる食品について紹介していきます。

スポンサーリンク

豚肉

039b66235f64e0283cb78ff37c57c885_s

ビタミンB群は野菜や果物に不足しがちです。

それを上手くカバーするかのように、

豚肉からはビタミンB群が豊富に摂れます。

 

 

ビタミンB群は水に溶けやすい性質があるので、

無駄なく栄養を摂るなら、調理方法は茹でるのではなく、

「蒸す」か「炒める」のがオススメです。

 

 

 

バラ

脂肪が多めに含まれていて堅くなりにくく、

炒めものにちょうどいいです。

 

ロース、肩ロース

豚バラに比べて赤身と脂身のバランスがいいです。

 

ロースのほうはパサつきやすく、

肩ロースの方が焼いた時に柔らかいと言われています。。

 

生姜焼きなんかは代表的な料理ですね。

 

もも肉

カレーに使われることが多いです。

 

ヒレ

柔らかいのですが、

脂肪が少なく、加熱するとパサつきやすいです。

 

ソテーなどによく使われています。

 

 

 

 

卵

 

卵はビタミンB群だけでなく、

タンパク質を構成するアミノ酸も豊富に含まれていて、

 

特に身体で作ることが必須アミノ酸が

卵1個で必要な量を満たすことができるくらいです。

 

 

 

栄養素参考

ビタミンB群目安

※あくまでも目安です。人によって必要な量は上下します。

食材を選ぶときの参考程度にしてください。

 

 

豚肉と卵だけでビタミンB群はかなり網羅しているのが

なんとなくわかればOKです。

 

すぐに疲れてしまうと思った時には

一度試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク