不足しがちな3種類のミネラルが多い食品とは?

ミネラルは食事で得たエネルギーを使って、

骨や血液などを構築する重要な栄養素です。

 

他の食事をしっかり摂っていても、

これらが不足すると

 

 

 

ガソリンは綺麗なのに、

各パーツはボロボロな車

 

 

 

のような状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

体が必要としているミネラルとは

 

  • 硫黄
  • 塩素
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • マンガン
  • ヨウ素
  • セレン
  • モリブデン
  • クロム
  • フッ素

 

これらはほとんどが、
乳製品・魚介類・海藻類・野菜から摂れます。

 

 

しかし数がなかなか多いです。

 

重要な栄養素とは言いましたが、

名前を全部覚える必要はありません。

スポンサーリンク

 

そもそも現代では塩分が足りないという人が

ほとんどいないように、

 

意識していなくても

必要量を満たしているミネラルも多々あります。

 

 

 

なので今回は3種類だけでいいので覚えてください。

 

その3種類とは「カリウム」「マグネシウム」「亜鉛」で、

これらは逆に意識しないと必要量を満たしにくいミネラルです。

 

 

 

 

今回はこの3種類のミネラルを

手軽に摂れる食品について話していきます。

 

 

 

 

カリウムを多く含む食べ物

101af51989e41f6bca5e58b6220022fd_s

 

一番食べやすいのは納豆ですね。

調理する必要がないので。

 

 

魚なら鯵(あじ)や鮎(あゆ)、

 

野菜ならほうれん草、にら、里芋、

 

他にもニンニクやアボカドなんかも

カリウムを多く含んでいます。

 

 

カリウムが不足すると

脱力感、筋力低下などが起こります。

 

 

亜鉛

c0aeca50e19803f13014fa18d65a575a_s

亜鉛は牡蠣(カキ)がダントツで多いですが、

毎日食べれるかというと難しいと思います。

 

普段食べやすいものなら

卵や牛肉、チーズ、たらこに多く含まれています。

 

 

 

菜食主義の方は足りてないことが多いです。

 

平均的な日本食でも少し足りないと言われているので、

割と多くの人が不足しやすいのです。

 

 

 

亜鉛が不足すると、

味覚に影響が出ることもあるので、

不足気味な人はしっかりと摂るように意識しましょう。

 

食事を楽しめなくなるのは、

人生においてかなり損することになります。

 

 

 

マグネシウム

0d1fe727271075c44a17b7cb44217ed8_s

 

マグネシウムはわかめなどの海藻類、納豆、あさりなどの貝類に多く含まれています。

 

 

カリウムにも出てきましたが、納豆は優秀ですね。

味噌汁に乾燥わかめを入れるのも簡単でオススメできます。

 

 

 

 

肉類や加工食品、ジュースに含まれるリンを

多く摂るとマグネシウムの吸収が妨げられます。

 

他にもカルシウムを多く摂りすぎたり、

お酒を飲み過ぎたりしてもマグネシウムが不足しやすくなります。

 

 

 

そういった理由から

不足しやすいミネラルとなっています。

 

 

マグネシウムが足りないと、

心臓病のリスクが高くなり、循環器系に異常をきたしたり、

 

気分がめいる、不安感、抑うつ症など

精神の不具合が起きることがあります。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

これら3つのミネラルをちゃんと満たすためには、

納豆と味噌汁を毎日食べるのが簡単でオススメです。

 

もし苦手な人は、

他に挙げた食べ物で補いましょう。

 

意外と簡単に摂れることが

わかると思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク