当サイトについて

 

僕は現在、個人で仕事をしています。こんな感じのサイトを作ったり、自分が好きなモノを売ったりしています。

 

その気になれば一日中仕事ができる反面、決められた時間で仕事場にいればいいというわけでもないので、体調が悪いときは仕事が進まないなんてこともよくあります。

 

 

今まではその日の気分で仕事をしていました。それはそれでいいという人も多いかもしれませんし、そんな時期はあってもいいと思います。

 

 

 

しかしある日、自分の生き方はこれでいいのか?と自問をするようになりました。

 

 

色々と悩んだあげく、なんとかしたいと思い、健康に関する書籍を読んだりセミナーを受けたりしたのですが、多くのことを学ぶ過程でわかったことが、

 

「心と体のスタミナの収支を常にプラスに保つ必要がある。」

 

という考え方です。

 

〜がすると身体にいいとか、そういった情報よりも僕にとっては今後の人生に大きく影響するような考え方でした。

 

 

ストレスが溜まると、心のスタミナが減ります。遊んだり楽しいことをすると心のスタミナが増えます。

 

座りっぱなしだったり過度な運動をすると、体のスタミナが減ります。

 

休憩をしたり、睡眠を取ると体と心のスタミナが回復します。しかし寝すぎると心のスタミナが減るかもしれません。

 

 

 

そんな感じで、僕たちの心と体(身体)は常にエネルギーが上下しています。まだ完全には解明されていませんが、心と体は連動しています。

 

 

そのエネルギーが総合的に減少してしまうとやる気が出なかったりなど、様々な不具合が出始めるのです。

 

 

過度な精神的なストレスで、胃に穴が空いたりすることからも心と体は密接な関係があるものだという事はなんとなく理解はできると思います。

 

 

他にも、うつ病なんかは心と体の総合的なスタミナの収支が“ゼロ”(もしくはマイナス)の状態のときに無理に行動を起こし続けた結果、起きることが多いのです。

 

 

 

 

つまり、常に元気いっぱいで活動するためには、総合的なスタミナのレベルを高く保つ必要があるわけです。

 

 

 

僕が半年ぐらいそれを意識して生活した結果、

 

  • 夕方17時に起床。
  • 仕事は3日に1度、1時間。
  • 運動は週に1度。
  • 作るのが面倒で食事はほとんどコンビニ。
  • 食べる時間帯はバラバラ。

(※ほんの一部分です。笑)

 

 

 

そんな自由人もびっくりな生活習慣が、

 

  • 朝8時に起床。
  • 仕事はほぼ毎日7時間以上。
  • 運動は週に3日以上。
  • 食事は外食以外は全て必要な栄養を意識して自分で作る。
  • 食べる時間帯はほぼ一定。

 

こんな感じになりました。

 

 

 

これは元々きちんとできている人にとっては何でもないことなのですが、僕のようなレベルでひどい場合は改善するのに相当な労力が必要になるのです。

 

 

 

人間の意志力というものは有限だということが、すでに研究で解明されています。

 

 

振られた直後やダイエット中はナンパに引っかかりやすいと言われるのも、エネルギーをそこで使い切ってしまっているからです。

 

 

そういったことからも意志力や判断力にも大きな栄養のあるエネルギーを枯渇させないようにする、というのは人生全般において重要なことであると言えます。

 

 

当サイトでは「エネルギー」つまり心と体の総合的なスタミナをなるべく高く保つことについて、僕が経験したことを基にして情報を集約させていきたいと思います。

 

 

 

 

僕の言うことを鵜呑みにしないでください。

 

 

これからたくさんの話をお伝えします。

現状で僕が使えると思っている方法を話していきますが、ここに書いてある事が必ずしも正しいとは限りません。

 

 

人には体質というものがあり、ある人には効果があっても、違う人には効果がない。なんてことがよくあるからです。

 

 

例えば食べ物であれば普段どれくらい運動しているのか、どんな食生活なのかによってその人に必要な食べ物は変わります。

 

 

なぜ、こんな話を最初にするのかというと、

 

人は自分にとって都合がいい話ほど鵜呑みにする傾向があるということを知ってほしかったからです。

 

 

 

自分で取捨選択をする

 

例えば水を多く飲むべきか?という問いに対して、

 

「ほとんどの人は飲んだほうがいい、しかし体の代謝機能が上手く働かない人はあまり飲まないほうがいい場合もある。」

 

というような回答になりますが、

 

 

水をこまめに飲むことが面倒に感じている人はその「飲まないほうがいい場合もある」という部分を都合よく、自分もそうかもと解釈してしまうことがあります。

 

 

反対に、本当にあまり飲まないほうがいい人だと、体の調子がどんどん悪くなっていくのに体の声を無視して飲み続ける。なんてことになってしまいます。

 

 

 

これは極端な例ですが、何か新しいことを取り入れるときは

 

“自分にとって”プラスなのかどうかを常に意識して

 

良さようなものを、何も考えずに取り入れることはしないでください。これは仕事や勉強、スポーツなど、どの分野でも同じです。

 

 

 

進化し続ける人というのは、行動1つ1つが自分にどんな変化をもたらすのかを常に意識して生きています。

 

 

 

では何から試せばいいのか?という話になりますが

 

 

自分で考えただけだと見当もつかなくて何もできなくなることが多いのも事実です。当たりをつけるためには、ある程度の候補を絞る必要があります。

 

 

 

きっかけを作りたい

 

 

当サイトでは、その候補を僕のほうである程度絞っておく、というようなことを意識して作っています。

 

 

自分に合いそうなものを試すためのきっかけ作りのような感覚で読んでみてください。もちろん他のサイトや本を読んだりするときも同様です。

 

 

簡単なことではないですが、ぜひ自分の調子が向上するような生活環境を見出してほしいと思っています。

 

 

これを機に多くの人が身体に気を使うようになって、活気のある人が増えるようになればこのサイトを作ってよかったなと思います。