うつ気味を解消するなら筋トレしてみませんか?

お金と時間が両方ともあったにもかかわらず、エネルギーが足りてない状態になったことで、心と体について色々と自らの経験と共に知ることができました。

で、その色々の中でも僕が「うつ気味」だった時に解消の突破口となったのが筋トレでした。この記事を書くことで、昔の僕と似たような状況にある人が少しでもよくなるきっかけになればなあと思います。

そもそも「うつ気味」とは

「うつ」というのは心の状態から来るもので、症状も人によって現れる内容が違い、はっきりと定義することは難しいのですが、

ここでいう「うつ気味」とは

「時間も体力もあるけどなぜか何もやる気が起きない、なんとなく停滞している感じがする。」

そんな状態のことだと思ってもらえればひとまず大丈夫です。

時間というと仕事している人は時間が無いと思いがちですが、仕事が終わった後、そこまで眠くはないんだけど、なんだかやる気も起きずぼーっとしてしまうみたいな状態も同様だと思ってください。

うつが進行する前に対処する

長い期間うつ状態になっていると、自分の周囲の存在と「うつ」になることを脳が結びつけてしまいます。

つまり、理論だけで言うと、うつ状態が進んでしまった後に本気で対処するなら、住む場所や仕事、人間関係など変えられるものは全て変える必要が出てきます(環境を変えないなら、うつと環境を切り離す“刷り込み”を、うつ期間と同じだけの時間をかけて取り組む必要があり、難易度が非常に高くなる)。

どんなに綺麗な場所に住んでいても、どんなにいい人が近くにいても、その場所やその人たちが原因ではなかったとしても、脳がうつになることと結びつけてしまうからです。

うつになっている人からしたら、

「(人や住まいなども全て含めた)環境のせいではない(ことはわかってる)けど、環境のせいである。」

そんな矛盾したような心理状態になってしまうのです。

対処するには環境を変えるのが一番効果的なのですが、うつになっているとそういった「変化」するためのエネルギーがそもそも足りなくなっているので、現実的にはかなり難しいのです。

筋トレをすることで、肉体だけでなく脳や神経も鍛えられる

筋肥大のように目に見える成果が現れるのは、それなりの時間が必要ですが、扱える重量を増やすのであれば早い人(筋トレをやる習慣が今までなかった人)で1週間で力が増えたと実感することができます。

この時、何が起こっているのかというと、筋トレの負荷に耐えられるように脳が命令を出し続けることによって神経が発達していくのです。

すると、うつに効果のある脳内伝達物質である、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、テストステロンなどが適切な量で放出されるのです。

 

また、うつになる人というのはほとんどの場合なんらかの「バランス」が崩れています。

おそらく多く見られるのが、

  1. 自律神経(交感神経と副交感神経)のバランス
  2. 心と体のバランス(心が疲弊しきっているけど、体は元気)

この2つのバランスです。

で、この2つのバランスを同時に調整できる可能性があるのが筋トレです。

1についてはうつで検索するとよく見かける内容ですね。

2について意識して何かやっている人はほとんどいないんじゃないかと思います。僕にとって効果がより実感できたのは2でした。疲弊してる心に合わせるように体を使うと、バランスが取りやすくなり、体が回復する時に心もそれに合わせて回復することができます。

どれくらい体を疲れさせればいいのかは人それぞれなので、負荷を調整しながら試していくしかないで、1回やるだけだと、調整ミスで効果が実感できない場合があります。コツはなるべく短時間で体のエネルギーを使うようにすることです。なので負荷が高めの筋トレを10回前後でやるのが難しそうに見えて一番楽です。

取り組むメニューはベンチプレス、スクワット、デッドリフト、懸垂の中からまずは1つだけ選んでやるのがオススメです。

うつが重度になってしまうと、体を疲れさせる行為や何かについて試行錯誤するというのが無理、といってもいいくらい難しくなってしまうので、今の時点でちょっとでも危機感があれば、チャンスだと思って取り組んでみてほしいです。

うつ気味だった僕が停滞から脱出できたのは、ジョギングでも散歩でも腕立て伏せでもなく、負荷を高めに設定した筋トレでした。

終わりに

この記事ではとにかく「うつかも?」と感じている人に、「今のうちに筋トレやるといいですよ」ってことを伝えたかったのであまり詳しい内容には触れてないです。

なので、もし聞きたいことがあれば気軽に質問してください。

全員に返事はできないかもしれませんが必ず全てに目を通します。重要そうなことは返信なり別の記事で取り上げるなり、なんらかのフィードバックをしていこうと思っています。

あ、あとうつっぽい人に向かって、筋トレとかとにかく何かしようといったことをゴリ押しするのは、本当にその人のことを考えているならくれぐれもやめておきましょう(もしその理由がわからなければ、その人にはそもそもアドバイスとかする資格はないと思います)。

ではでは、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク